【Francfranc】おすすめのカウチソファ 9選

カウチソファとは、通常のソファに比べて座面が広く、横になったり足をのばして座ることができるL字型のソファです。
ひと口にカウチソファといっても、ひとり暮らし向けのサイズのものから、複数人が一緒に座れる大型のものまで多くの種類が存在します。設置するお部屋のサイズに合わせて選んでみてください。

1.おすすめのカウチソファ|脚付き(ハイタイプ)

まずは脚が付いているハイタイプのカウチソファーから紹介していきます。

ソファに脚がついていると、ソファの周辺がスッキリして見えます。コンパクトサイズでも家具として大きな分類に入るソファですが、脚があることで下にゆとりができるので圧迫感を軽減することができます。

また、座面下に空洞があることで、空気の通り道ができ通気性がよくなるので梅雨時期の湿気の心配が少なくなるメリットもあります。

1.1 フルレット ソファ(W1305)

見た目がかわいくコンパクトな3WAYカウチソファです。
左右L字ソファとオットマンがついた3WAYに加え、脚を取り外してローソファとしてもお使いいただけます。

少しだけカーブした背もたれが体を包み込み、女性の体型に合わせた奥行きに設計されているため、心地よいリラックスタイムを過ごせます。大きめのオットマンは単独で使用してもゆったり座れるサイズ感となっています。

価格:64,000円
サイズ:W1305×D1290×H790(SH415)mm
重量:27kg

1.2 ピナ カウチ(W1400)

狭いスペースでも使用できるようにコンパクトサイズに設計されたカウチソファです。
緩やかな曲面を多用したFrancfrancらしいデザインと、コンパクトでありながらも背もたれにもたれかかって、くつろぐことができる座り心地の良さが魅力です。

脚部は、滑らかで繊細な木目のビーチ(ブナ)材を使用していて、強度がありながら柔軟性も兼ね備えています。

座面は肌触りが心地良い起毛生地を使用していて、長い時間リラックスしてくつろげます。
また、光が当たることで起毛の様々な方向を向いた際に起こる色合いの濃淡によって、デザインに奥行きを感じられます。

価格:59,000円
サイズ:W1400×D750×H750(SH410)mm
重量:29.2kg

1.3 ピオニ カウチ L(W1350)

ダイニングテーブルと合わせて使用できる高さのあるタイプのカウチソファです。

食後もこのダイニングソファでゆったりとくつろぐことが出来るので、リビングスペースにはソファを置かずに広々と空間を使うなど空間の有効活用ができます。

脚部は、ホワイトアッシュ材を使用し、繊細且つ美しい木肌をお楽しみいただけます。
座面も上品でモダンなカラーなので、さまざまなお部屋のコーディネートに合わせることができます。

価格:58,000円
サイズ:W1350×D537×H740(SH440)mm
重量:22.0kg

1.4 エノルメ ソファ&カウチセット L(W2720)

シンプルな形状ながらも、角部分は全て曲線で構成されており、気品のあるスカンジナビアンスタイルのソファです。

ゆったりとした幅がある大きめのソファなので、ご家族でゆったりと座ることができます。内部フレームには、ニュージーランド産のラジアータパインを使用して頑強に、更に、高密度のウレタンを使用することで、末永く安心してお使いいただけるようになっています。

アーム部分の曲線でどこか女性らしい優しいデザインを実現するために、内部のフレームから縫製、張り込みに至るまでの工程を一つ一つ丁寧に仕上げられたソファです。

価格:188,000円
サイズ:W2720×D1500/910×H810(SH440)mm(脚部の長さ:170mm)

2. おすすめのカウチソファ|ロータイプ

ロータイプのソファはソファの下に隙間がないので埃が溜まりにくくなり掃除の手間が減るというメリットがあります。
また、脚がないことでどっしりとした安定感が生まれ、座面も床から近くなるので、床でそのままくつろいでいるかのようにリラックス感が生まれます。

2.1 ジョルノ カウチ L

さまざまな組み合わせでお部屋の広さに合わせたソファをコーディネートできるソファです。

背面の高さが低めのため、壁のインテリアを邪魔しません。大きめのアートパネルや特徴的な壁面を強調してくれる洗練されたデザインが特徴です。
レイアウトも自由自在なので、お部屋に合わせたスタイリングができます。

価格:99,000円
サイズ:W1500×D900×H590(SH340)mm

2.2 メーネ カウチ R

ひとつ前に紹介したメーネ ソファ Rと組み合わせて使用することもできるカウチタイプのソファです。

お部屋の広さに合わせて好きなようにカスタマイズすることができます。リビングなど広めな空間にソファ+カウチ+オットマンの3点でスタイリングするととても贅沢で落ち着いた印象になります。

メーネシリーズの硬すぎず柔らかすぎない座り心地に加えて、カウチタイプは座面の奥行きが広いので、ゆったりと寛ぐことができます。

価格:74,500円
サイズ:W810×D1460×H580(SH380)mm

2.3 メーネ ソファ&カウチセット L(W2270)

低めの座高と広めの奥行きのためベッドでくつろぐようにリラックスした時間を過ごせるソファです。

緩やかな曲線を引き締めるパイピングがアクセントとなっています。広いリビングでは、お好みの1Sソファやオットマン・スツールなどとの組み合わせを楽しむことができますが、それほど広さのないリビングに置いても座高が低いため、視線を遮らず空間を広く見せてくれます。

価格:149,000円
サイズ:ソファ W1460×D810×H580(SH380)mm ,カウチ W810×D1460×H580(SH380)mm(脚高さ:30mm)

2.4 カウチフロアクッション

ひとり暮らしなどのお部屋でソファを置く空間がないというときにおすすめのカウチクッションです。

真ん中がくぼんでいてコロンとした形がかわいいビーズクッションとなっています。中材は日本製の0.5mmと小さなサイズのビーズで、伸縮性のあるカバーに入っているので抜群のフィット感を感じることができます。ダブルファスナーなので、ビーズ漏れがしにくく、安心してお使いいただけます。

価格: 5,400円
サイズ:W600×D600×H300mm

2.5 カウチビーズクッション N Φ45

ひとつ前に紹介したクッションのもう一回り小さいサイズのカウチクッションです。

真ん中がくぼんでいてコロンとした形がかわいいビーズクッションとなっています。ダブルファスナーなので、ビーズ漏れがしにくく、安心してお使いいただけます。中材は日本製の0.5mmと小さなサイズのビーズで、伸縮性のあるカバーに入っているので抜群のフィット感を感じることができます。

価格: 3,190円
サイズ:W450×D450×H250mm

3. まとめ

カウチソファは脚を伸ばして横になったり、通常のソファと比べてゆったりとくつろげることが魅力です。座面が広い分スペースを取ってしまいますが、お部屋の広さやインテリアに合わせて、脚が長く座高が高いソファと座高が低いソファを見極めることで、圧迫感なくお使いいただけます。

自分がどんなシーンでソファに座ることが多いかにもよって、ベストなソファの形状は変わってくるので、利用シーンやお部屋のインテリアに合わせて検討してみてください。